週間 水曜まで大雨警戒 九州から東海は梅雨明けか 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 水曜まで大雨警戒 九州から東海は梅雨明けか

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


梅雨前線の活動が活発で、29日(水)までは東北を中心に大雨のおそれ。週の後半は東海から西で続々と梅雨明けか。

梅雨前線 東北付近に停滞

あす28日(火)から29日(水)にかけて、北陸から東北付近に梅雨前線が停滞。前線上には低気圧が発生する予想です。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、広い範囲で大気の状態が不安定になり、あちらこちらで雷雲が発達しそうです。

前線に近い東北や北陸では、あす28日(火)午後を中心に雨脚が強まるでしょう。局地的に激しい雨が降り、大雨になりそうです。特に雨量が多くなるのは、東北の日本海側です。普段雨が少ない地域だけに、土砂災害などに警戒して下さい。また関東から九州、沖縄は変わりやすい天気で、所々雨や雷雨がありそうです。天気の急変に注意が必要です。

いよいよ梅雨明けか

太平洋高気圧は次第に西日本を中心に張り出しを強めます。週の後半には九州から東海は梅雨明けする可能性が高く、晴れる日が多くなるでしょう。ただ、最高気温は連日のように30度を超えて、35度以上の猛暑日になる所もありそうです。梅雨明け後は厳しい暑さが続くため、熱中症による搬送者が急増する時期です。無理をせず、適度に冷房を使うなどしてお過ごし下さい。

関東や北陸、東北は気圧の谷や湿った空気やすっきりしない天気が続くでしょう。梅雨明けにはまだ時間がかかりそうです。関東甲信はもし梅雨明けしたとしても変わりやすい天気で、急な雨や雷雨があるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい