16日 束の間の晴れも 天気急変に注意 蒸し暑さアップ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

16日 束の間の晴れも 天気急変に注意 蒸し暑さアップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう16日(木)は前線が南下し、九州から東海、北陸、北海道などで晴れ間が出そうです。ただ、天気の急変に注意が必要です。また、きのうよりも気温が高くなる所が多く、近畿や東海を中心に30度前後まで上がるでしょう。

きょうの天気

きょうは日本の南に前線が延びるでしょう。前線に近い、沖縄や奄美は断続的に雨が降り、雷を伴って激しく降る所がありそうです。九州も南部を中心に雨が降るでしょう。九州北部や中国、四国、近畿は晴れ間の出る所もありますが、所々でにわか雨がありそうです。東海も昼前後は日差しが出そうです。ただ、午後は急な雨にご注意ください。北陸や東北南部は昼頃まで雨の降る所があるでしょう。これまでの24時間に長野県や福井県、新潟県、山形県を中心に100ミリ前後の雨が降った所もあります。雨は次第に止む所が多いですが、これまでの大雨で地盤が緩み、土砂災害の危険が高まっていますので、注意、警戒をしてください。東北北部や北海道は午後を中心に晴れ間が出ますが、上空に寒気が入り、大気の状態が不安定になりそうです。空模様の変化に注意が必要です。所々で雨や雷雨で、局地的に激しく降る見込みです。

きょうの最高気温

きのうは最高気温が平年より低く、25度に届かない所が多くなりました。きょうはきのうよりも気温の高い所が多くなりそうです。九州は25度以上の所が多く、きのうよりも蒸し暑さがアップしそうです。被災された地域で復旧作業をされる方は、特に熱中症に注意が必要です。また近畿や東海を中心に30度前後まで上がる所が多いでしょう。こまめに水分補給をしたり、室内でもエアコンで温度調節をしたりして、熱中症の予防に努めるようにしてください。一方で、仙台など東北の太平洋側はきのうと同じくらいで20度前後と、肌寒さが続きそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい