15日 大雨のピーク過ぎても災害に警戒 あちらこちらで雨雲が湧く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

15日 大雨のピーク過ぎても災害に警戒 あちらこちらで雨雲が湧く

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像C

画像C


きょう15日は、低気圧が日本海を東進。この低気圧が近づく東北や北陸は断続的に雨。関東以西も所々で雨雲が湧く。これまでの大雨の影響が続き、たとえ少しの雨でも新たな災害につながるおそれ。

15日 各地の天気

きょうは、低気圧が日本海をゆっくりと東進。この影響を大きく受けるのは「北陸と東北」です。そのほかの各地も、低気圧周辺の湿った空気や上空に流れ込む寒気により、雨雲の湧きやすい状況です。

【各地の天気(北から)】

北海道は日差しがあるでしょう。ただ、午後は日本海側を中心に、にわか雨や雷雨の所もありそうです。

東北は断続的に雨。南部ほど雨の降る時間が長くなるでしょう。

北陸も広く雨で、雨脚が強まったり、雷雨になることもありそうです。

関東甲信から九州にかけても所々で雨雲が湧くでしょう。雨の降る時間は短くても、ザッと強く降る所はありそうです。

沖縄は日が差しますが、こちらも急な雨のおそれがあります。雷雨になる所もあるでしょう。

雨の量が少なくても 災害の危険あり 慎重な行動を

全国的に、きのうまでに比べると雨の降り方は落ち着きます。ただ、これまでの度重なる大雨により地盤の緩んでいる所や、堤防の崩れている川もあり、今後、たとえ少しの雨でも新たに災害が発生する危険性があります。引き続き、身の安全を第一に考え、慎重な行動を心がけてください。

予想最高気温

最高気温は、日差しのある北海道はきょうもおおむね平年並みで、内陸は25度前後。

東北はきのうと同じか低く20度前後の所が多いでしょう。空気がヒンヤリと感じられそうです。北陸や関東から九州にかけては26度前後。この時期としては低いものの、湿度が高く、蒸し暑いでしょう。屋外での作業など、長い時間体を動かす方は、特に体調管理に注意が必要です。こまめな水分補給を心がけ、定期的に休憩をとるようにしてください。沖縄は暑さが続き、各地で30度を超えるでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい