中国地方 18日夕方~19日明け方は大雨のおそれ、土砂災害にも警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中国地方 18日夕方~19日明け方は大雨のおそれ、土砂災害にも警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


中国地方は朝から雨の所が多く、山口県や広島県の一部ではやや強く降っている所があります。夕方からは西部を中心にさらに雨脚が強まり、あすの明け方にかけてはバケツをひっくり返したような降り方になる所もあるでしょう。あすの朝6時までの24時間に予想される降水量は、山陽と山陰で100ミリから120ミリ、山口県では120ミリから140ミくらいに達する所があり、大雨になるおそれがあります。山口の瀬戸内側では、今夜遅くからあすの明け方にかけて土砂災害に対する警戒が必要です。

今夜は西日本付近で梅雨前線の活動が活発に

梅雨前線は活動を強めながら、西の方からゆっくりと北上しています。

東シナ海にある低気圧の周辺には暖かく非常に湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発になっています。今夜からあすの朝にかけて梅雨前線は瀬戸内付近に停滞し、前線の上を低気圧が東へ進む見込みです。

中国地方は、低気圧の通過に伴って今夜を中心に前線の活動が活発になるでしょう。

低気圧が通り過ぎたあとは湿った空気の流れ込みが弱まり、前線はゆっくりと南下を始める見込みです。

雨のピークは今夜に

きょうの午後6時ごろには山口県に活発な雨雲がかかり、島根県でも雨脚の強まる所がある見込みです。

あすの明け方にかけて、中国地方を次々に活発な雨雲が通過する見込みで、各地とも断続的に雨脚が強まるでしょう。山口県を中心に暖かく湿った空気の流れ込みが強まり、雷を伴って激しく降る所もある見込みです。

なお、前線の位置や活動の程度によっては、雨雲のコースや発達の具合が変わってくるため、

最新の情報で確認するようにお願いします。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい