雨雲は東海地方に 東日本も午後は次第に雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

雨雲は東海地方に 東日本も午後は次第に雨

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


梅雨前線による雨域が、西日本から東海地方にも広がってきました。きょう18日午後は、雨雲は次第に北陸や甲信地方にもかかり、夜は関東でも雨が降りそうです。また、西日本を中心に局地的に雨脚が強まるため、注意が必要です。

西日本は広く雨 東日本も午後は傘が必要

梅雨前線の影響で、西日本では広く雨が降っていて、やや強い雨を観測している所があります。1時間降水量は、きょう(18日)朝から正午までに、愛媛県今治市玉川で17.5ミリ、徳島県美馬市で17.0ミリ、長崎県対馬市厳原で16.5ミリを観測しました。

梅雨前線は北上していて、雨のエリアは東海地方まで広がってきています。午後はさらに雨の範囲が東へ広がり、北陸や甲信地方も次第に雨が降るでしょう。また、関東地方も夜になると雨雲がかかってきそうです。

西日本を中心に雨脚強まる

梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、梅雨前線の活動が活発になるため、午後は西日本を中心にカミナリを伴って激しい雨の降る所があるでしょう。あす(19日)の朝までには非常に激しい雨の降る所もあり、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒・注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい