あす 北日本で真夏日の所も 東・西日本も熱中症に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

あす 北日本で真夏日の所も 東・西日本も熱中症に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


あす3日(日)、北日本では最高気温が30度以上の真夏日の所も。東日本や西日本も最高気温が25度以上の夏日の所が多い見込み。湿度が高く、蒸し暑く感じられそう。こまめに水分をとるなど、熱中症対策を。

あす 北日本で7月中旬から下旬並みの暑さの所も

きょう2日(土)は、本州付近は高気圧に覆われ、晴れて強い日差しが照りつけました。さらに、南から暖かい空気が流れ込んだため、各地で気温が上がり、今年一番の暑さとなった所が多くなりました。東日本や西日本では、内陸部を中心に所々で最高気温が30度以上の真夏日となりました。

あすも最高気温は平年並みか平年より高い所が多いでしょう。特に、北日本では、平年を大幅に上回り、7月中旬から下旬並みの暑さになる所もありそうです。こまめに水分を補給し、たくさん汗をかいたら塩分も補って、熱中症に注意してください。

東日本や西日本は湿度が高く 熱中症の危険も

あす3日(日)は、高気圧が日本の東に離れ、前線が日本の南海上にのびるでしょう。湿った空気が流れ込むため、西日本では昼頃から雨の降り出す所が多く、東日本も午後は雲に覆われる見込みです。ただ、最高気温は25度を超える夏日となる所が多く、蒸し暑く感じられそうです。

晴れて気温が高い日だけでなく、湿度が高い日も熱中症になることがあります。室内で過ごす場合も、身体に熱がこもらないように、綿などの通気性の良い素材の服装を選ぶと良いでしょう。まだ身体が暑さに慣れていない時期ですので、油断しないで熱中症対策を心がけてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい