真夏日が続出 本州で今年初 仙台では最も早い記録 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

真夏日が続出 本州で今年初 仙台では最も早い記録

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


2日(土)は、仙台市や名古屋市など、最高気温が30度以上の真夏日が続出しました。本州で真夏日は今年初です。仙台市では過去最も早い記録を更新しました。

本州で今年初の真夏日 仙台は最早記録を更新

2日(土)は、日本付近は暖かい空気に覆われています。九州から東北南部を中心に晴れて、気温がグンと上昇。14時までの最高気温は、全国で最も高かった所は、長野県飯田市南信濃で32.8度、次いで、長野市信州新町、福島市で32.4度でした。

長野市は31.5度、甲府市は31.2度、仙台市は30.8度、埼玉県熊谷市は30.8度、名古屋市は30.7度、岐阜市30.4度、福井市は30.1度、前橋市は30.2度など、30度以上の真夏日が続出しました。

今年は、真夏日は4月21日に沖縄県の波照間島で30.0度を観測して以来で、本州では初めてです。また、仙台市では、これまでの真夏日の最早は5月14日(2014年)で、この記録を更新しました。

季節先取りの暑さ続く所も

今回の暑さのピークは2日(土)ですが、3日(日)も東北や甲信などで最高気温が30度くらいになる所がある予想です。まだ身体が暑さに慣れていない時期で、室内で過ごしていても熱中症に注意が必要です。こまめに水分をとるなど対策を行ってください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい