週間 発達する低気圧に警戒 週末には再び寒気 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 発達する低気圧に警戒 週末には再び寒気

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


あす10日(火)から11日(水)にかけて、2つの低気圧が発達しながら本州の南岸と北海道付近を通過。全国的に雨や風が強まり、荒れた天気になりそうです。週末は次第に冬の冷たい空気が流れ込んで、寒暖差の大きい1週間に。

あす 荒れた天気に

あす10日(火)は前線を伴った低気圧が本州の南岸を東へ進みます。さらに北海道付近にのびる前線上に低気圧が発生。この2つの低気圧が11日(水)にかけて、それぞれ発達しながら東へ進む予想です。全国的に雨が降り、風も強まるでしょう。大雨になる所もあり、注意が必要です。

【前線が通過する前】

低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が不安定になります。局地的に雷を伴って雨脚が強まるでしょう。また竜巻などの突風の吹くおそれがあります。雨でも気温が高く、東北や北海道も雪ではなく雨になりそうです。雪が多く積もっている所では、雪どけによる低い土地の浸水や川の増水、雪崩、屋根から落ちる雪などに注意して下さい。

【前線が通過した後】

前線が通過して雨がやんだあとは風向きが西または北に変わり、冷たい空気が流れ込んできます。天気は回復しますが風の強い状態が続き、気温よりも寒く感じられるでしょう。

週末には寒気が流れ込む

低気圧と高気圧が2~3日おきに本州付近を通過します。

12日(木)は、沖縄と九州から東北南部は晴れて、日中は暖かくなりそうです。東北北部や北海道は、日本海側で雪の降る所があるでしょう。

その後、13日(金)から14日(土)にかけて、再び本州付近を低気圧が通過。西から雨の範囲が広がりそうです。

15日(日)は冬型の気圧配置に変わり、11日(水)よりも冷たい空気が流れ込みます。平地で降れば雪になるような強い寒気(上空1500メートル付近でマイナス6度以下)が山陰付近まで流れ込む見通しです。日本海側は冷たい雨や雪が降り、晴れる太平洋側も、寒く感じられるほど。まだまだ冬のコートが活躍しそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい