水曜は雨のち風強まる 木曜は暴風も 交通障害警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

水曜は雨のち風強まる 木曜は暴風も 交通障害警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


4日(水)は雨雲が西から東へ移動し、広く傘が必要に。雨の後は北西風が強まり、5日(木)は北日本中心に荒れた天気となるでしょう。

西から雨雲 雨の後は北西風が強まる

広く日差しが届いた3日(火)から一転、4日(水)は傘が必要な所が多くなります。本州南岸と日本海を、それぞれ低気圧が東進するためで、局地的に雨雲が発達するでしょう。九州は明け方から朝にかけての通勤時間に所々で雨が降りそうです。中国、四国は午前中が中心で本降りとなる所もあります。近畿や東海は日中を中心に雨で、沿岸部は一時的に雨脚が強まるでしょう。北陸や関東甲信は昼頃から広く雨が降りだし、夜の帰宅時間にかけても続く所が多くなりそうです。東北も天気は下り坂で、早い所では昼頃から雨が降ります。雨や雪の範囲はさらに北へ広がり、北海道も夜遅くなると雪の降りだす所がありそうです。

また、雨雲が通過した後は、西から冬型の気圧配置に変わります。次第に北西の風が強まり、気温がぐんぐん下がるでしょう。西日本の日本海側でも山間部では雪になり、北陸や長野でも雪が降りそうです。東北の太平洋側も内陸部で雪が強まるでしょう。

冬型強まる 交通障害の恐れも

5日(木)は次第に冬型の気圧配置が強まり、荒れた天気となります。特に低気圧が通過する北海道は太平洋側を中心に雪の降り方が強まり、風が非常に強く吹くでしょう。猛ふぶきで見通しが悪くなったり、湿った重い雪が降ることで停電したりする恐れがあります。交通障害に警戒が必要です。東北や北陸も断続的に雪が降り、暴風が吹き荒れます。海は大しけとなる所があるでしょう。近畿北部や山陰も山間部で雪となりますので、峠越えの車の運転は注意が必要です。関東から西の太平洋側は日差しが届きますが、冷たい北西風が吹きつけるでしょう。特に日が傾くとグッと冷えそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい