昼間も厳寒 東京の体感温度は氷点下 寒さはいつまで 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

昼間も厳寒 東京の体感温度は氷点下 寒さはいつまで

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


6日正午も全国的に厳しすぎる寒さで、晴れた東京も体感温度は氷点下。6日夜~7日朝も、本州を中心に、冷え込みが続きそうです。しっかり暖かくしてお過ごし下さい。

東京都心 正午の体感温度は0度近く

6日木曜は、全国的に朝から空気が冷たくなりましたが、日中も、気温はあまり上がっていません。正午の気温は、東京都心は5.8度と、昨日5日水曜の同じ時間と比べると、8度も低くなりました。

寒さを感じるのは、気温の低さだけではありません。風速が1メートル強まると、体感温度は1度下がると言われています。東京都心の正午の風は「北西の風」で、風速は「7.3メートル」でしたので、正午でも、体感温度は氷点下となりました。

7日 東京は 氷が張るほどの寒さ 名古屋は 初の「冬日」予想

上空の寒気は、今夜は次第に北上しますが地表付近では、まだ冷たい空気が残るでしょう。さらに、太平洋側を中心に晴れるので、放射冷却が強まりそうです。

「放射冷却が強まる」というのは、物が外へ熱を出して、冷えること。例えば、寝る時に布団をかけると、体の熱は逃げにくいのですが、布団がないと、体がどんどん冷えてきます。これと同じで、雲があれば、地面近くの熱は空へ逃げにくくなります。

ただ、6日夜~7日朝は、本州の太平洋側を中心に雲が少ないので、冷え込みの強い状態が続きそうです。東京都心では、氷が張るくらいの気温が続くでしょう。名古屋では、今シーズン初めて、最低気温が0度未満の「冬日」になりそうです。この寒さは、週末まで続く予想ですので、体調を崩さないよう、できるだけ暖かくして、お過ごし下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい