九州 7~8日 暴風と高波に警戒 気温急変 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 7~8日 暴風と高波に警戒 気温急変

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


7日(火)から8日(水)の九州は、急速に発達する低気圧の影響で、風が強まり荒れた天気になる見込みです。特に、九州北部の沿岸海上は7日(火)夜遅くから8日(水)夕方にかけて暴風のおそれがあります。暴風や高波に十分に警戒して下さい。また、7日(火)は春のような暖かさになりますが、8日(水)は冬に逆戻りと、わずか1日で気温が急激に変化する見込みです。体調管理にも気をつけましょう。

7日(火) 南風から西風、非常に強まる 季節はずれの暖かさ

7日(火)は、前線上に発生した低気圧が、今夜、急速に発達しながら朝鮮半島付近へ進むため、九州は次第に南から西の風が強まります。特に九州北部の沿岸海上は非常に強く吹き、暴風のおそれがあります。それに伴い海上は急速に波が高くなり、しける所があるでしょう。船舶は暴風や高波に警戒、注意して下さい。

また、7日(火)は暖かい南風が吹き、九州は各地で気温が上がるでしょう。フェーン現象も加わり、最高気温は20度前後と4月並みの季節はずれの暖かさになる見込みです。

8日(水) 季節風強まり、冬に逆戻り

8日(水)は、発達する低気圧から延びる寒冷前線が、未明から明け方に九州を通過する見込みです。前線通過時は活発な雨雲が通過し、雷を伴い一時雨脚が強まり、局地的に激しく降るおそれがあります。落雷や突風、急な強い雨にご注意下さい。

そして、寒冷前線が通過した後は再び冷たい空気が流れ込むため、冷たい季節風が強まります。沿岸海上は8日夕方にかけて暴風や高波に引き続き警戒が必要です。

8日は再び気温が下がり、冬の寒さに戻りますので、大きな気温の変化にもお気を付けください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい