週明け 荒れた天気 気温のアップダウン激しい 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週明け 荒れた天気 気温のアップダウン激しい

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


あす18日(月)は前線が通過するため、天気は下り坂。全国的に南風が強まり、気温が上昇。19日(火)は寒気が流れ込み、気温が大幅に下がる。気温のアップダウンが激しい週明けに。

月曜 発達する低気圧 南風が強く 全国的に雨

あす18日(月)は、日本海北部で低気圧が急速に発達し、中心から延びる前線が日本列島を通過するでしょう。低気圧の中心気圧は、18日(月)9時までの24時間で22hPaも下がる予想で、急速に発達する見通しです。全国的に南風が強まり、日本海側を中心に荒れた天気になるでしょう。
昼前後から雨の降る所が多く、北海道は雪ではなく雨が降りそうです。雪の積もっている所では、路面状態が悪化するおそれがあります。車の運転には十分お気をつけください。
前線が通過する前は南風が吹いて、気温が上がるでしょう。九州から関東、北陸は20度を超える所が多く、この時期としては高い予想です。日中は上着がなくても、過ごせるくらいでしょう。北海道でも10度前後まで上がり、きょう17日(日)より大幅に高くなる所がありそうです。

火曜 前線通過のち寒気 北日本の日本海側は大荒れ

あさって19日(火)は、冬型の気圧配置になるでしょう。北海道の上空1,500メートル付近には、平地でも雪を降らせるくらいの寒気が入ってくるため、北海道の雨は次第に雪へと変わりそうです。北海道では風が強く、日本海側を中心にふぶく所もあるでしょう。東北も日本海側を中心に雨や雪が降りそうです。北日本の日本海側では、20日(水)にかけて雪や風が強まり、荒れた天気でしょう。北陸も風が強いままで、雨が降ったりやんだりしそうです。東北の太平洋側や関東から九州は天気が回復しますが、北風に変わって、空気がヒンヤリと感じられそうです。

関東 火曜の日中までは暖かい 火曜の夜から寒くなる

関東のあす18日(月)は、雨の降るタイミングが2回ありそうです。1回目は昼前後で、沿岸部が中心でしょう。2回目は、夜からあさって19日(火)の朝にかけてです。また、あすは南風がだんだん強くなり、日中の気温は20度前後まで上がる所が多いでしょう。あさって19日(火)も日中は日差しが戻り、20度くらいまで上がりそうです。ただ、あさっては午後から北よりの風がやや強く、木枯らし1号が吹くかもしれません。夜になると、気温がグッと下がるでしょう。20日(水)の朝の最低気温は東京で8度と、今シーズン一番の冷え込みになるかもしれません。週明けの気温の変化で、体調を崩さないよう、服装でうまく調整なさってください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい