山形県の鼠ヶ関で40度超え 東北では41年ぶり

tenki.jp

山形県鶴岡市鼠ヶ関では、きょう(15日)午後1時10分に40.4度を観測し、東北地方では1978年以来41年ぶりに40度を上回りました。

東北地方では41年ぶりの記録

フェーン現象の影響で、北陸地方や東北の日本海側は記録的な暑さとなりました。午後3時までの最高気温は新潟県胎内市で40.7度、新潟県長岡市寺泊では40.6度となりました。また、山形県鶴岡市鼠ヶ関では午後1時10分に40.4度を観測しました。東北地方で40度を上回るのは、1978年8月3日に山形県酒田市で40.1度を観測して以来41年ぶりのことです。

記録は石川県でも

また、石川県志賀町では午後1時49分に40.1度を観測しました。石川県内で40度を上回るのは観測史上初めてのこととなります。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック