9日 台風9号で沖縄は荒天 北も大雨 猛暑にも注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

9日 台風9号で沖縄は荒天 北も大雨 猛暑にも注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


台風9号が遠ざかっても、沖縄は暴風や高波に厳重警戒。一方「元・台風8号」の影響で、北海道も大雨に。九州から東北は「猛烈な暑さ」と「急な雨や雷雨」に注意が必要です。

台風9号の影響は

台風9号は、きのう(8日)夜は、一番上のレベルの「猛烈な」台風に発達しましたが、発達のピークは過ぎて、きょう午前3時には「非常に強い」台風に変わりました。この後は、東シナ海を北西に進み、沖縄県の先島諸島からは次第に離れる見込みですが、油断はできません。台風9号は、午前5時現在、「大型」なので、まだ広い範囲に影響を及ぼしそうです。
このため、沖縄地方では9日昼過ぎまで暴風が続くでしょう。最大瞬間風速は50メートルと予想されています。これは、走っているトラックが横転するほどの暴風です。また、沖縄地方で波の高い状態は10日まで続き、奄美地方でも9日は高波に警戒が必要です。
さらに、台風本体や周辺の発達した雨雲がかかるため、沖縄地方では9日はカミナリを伴って滝のような雨の降る恐れがあります。雨は10日かけても降り続くので、大雨となるでしょう。台風が離れていっても、斜面や増水した川には、絶対に近づかないで下さい。

北海道 「元・台風8号」で大雨に

一方、北海道には、台風8号から変わった低気圧が近づいています。この低気圧は「元・台風8号」だっただけに、大雨のもとになる「暖かく湿った空気」をたっぷり運んできているのがポイントです。
このため、北海道では9日は大気の不安定な状態が続いて、広い範囲で雨雲やカミナリ雲が発達するでしょう。北海道の日本海側を中心に、夕方にかけて総雨量が多くなる恐れがありますので、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒を続けて下さい。

九州から東北 体温以上の暑さや 天気の急変も

九州から東北は広く晴れますが、注意点が2つ。まずは「猛烈な暑さ」に注意が必要です。最高気温は35度を超える所が多く、九州から東北の広い範囲に、熱中症に注意を呼びかける「高温注意情報」が発表されています。猛暑日の地点は、今年最多に迫る可能性もあり、体温を超える暑さの所もあるでしょう。熱中症の危険度が高まりますので、無理をしないで、なるべく涼しい所で、こまめに休んで下さい。
そして、もう1つの注意点は「急な雨や雷雨」です。猛烈な暑さによって大気の状態が不安定になるので、午後は、山沿いを中心に、雨雲やカミナリ雲が発達しやすいでしょう。晴れていても、急に天気が変わりやすく、局地的に雨や雷雨となりそうです。ゴロゴロと聞こえたり、急に空が暗くなったり、ヒンヤリした風が吹いたりしたら、カミナリ雲が近づくサインです。すぐに安全な所へ避難して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい