2つの台風と熱帯低気圧 お盆休みにも影響か 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

2つの台風と熱帯低気圧 お盆休みにも影響か

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C


台風8号が九州を直撃。その後、日本付近から一旦離れますが、週末には台風から変わる温帯低気圧が北海道付近に進む見込みです。台風8号、そして9号と熱帯低気圧の動きにも注意。また西日本と東日本は気温の高い状態が続くため、お盆休みにかけて熱中症にも警戒が必要です。

【台風8号】今後の動き

台風8号は、今朝、5時頃に宮崎市付近に上陸し、午前11時現在、九州を北上中です。九州南部では雨や風のピークは過ぎつつありますが、九州北部ではこのあとも暴風や大雨に警戒が必要です。その後、台風8号は今夜には朝鮮半島に進み、あす水曜日の夜には日本海に達する見込みです。台風8号は一旦日本付近から離れ、温帯低気圧に変わるものの、金曜日から土曜日には北海道付近に進む見込みです。北海道ではこの影響で週末にかけて雨が降るでしょう。

【台風9号】【熱帯低気圧】今後の動き

大型の台風9号はフィリピンの東にあってほとんど停滞しています。水曜日から金曜日頃にかけて沖縄・奄美では台風9号の動向によっては大荒れ、大しけのおそれがあります。さらに日本のはるか南、マリアナ諸島には熱帯低気圧があって、北西に進んでいます。来週には日本列島に近づくおそれがあります。週末のお盆の帰省ラッシュやお盆休みのお出かけに影響が出る可能性もあります。今後の台風や熱帯低気圧の動きに注意が必要です。

暑さにも警戒

西日本や東日本は、この先も高気圧に覆われて晴れる日もありますが、暖かく湿った空気が流れ込み、曇りや雨の日もありそうです。晴れていても天気が急変することもあるでしょう。気温の高い状態はこの先も続き、西日本では少なくても来週の月曜日頃にかけて、東日本でも日曜日にかけて最高気温35度以上の所がある見込みです。週末頃からお盆休みに入る方も多いと思います。お出かけする機会もさらに増えることと思いますが、外出時や屋外のレジャーや、運動、作業などをされる場合は特に暑さに注意が必要です。のどが渇いていなくても積極的に水分を補給し、また大量に汗をかいた時は塩分の補給もするようにして下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい