6日(火)の日本列島 荒天・猛暑 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

6日(火)の日本列島 荒天・猛暑

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


あす6日(火)は台風8号の影響で、九州を中心に大荒れの天気でしょう。一方、強い日差しが照りつける近畿から東北では、猛暑の所がありそうです。

大雨か猛暑か

あす6日(火)は、九州では台風8号の影響により、猛烈な風や非常に強い風が吹くでしょう。局地的に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降り、大雨となるおそれがあります。四国は雨が降ったりやんだりで、午前中はカミナリを伴って、非常に激しい雨の降る所があるでしょう。風が強まるため、海上ではうねりを伴って大しけとなる見込みです。海上や沿岸部では高波に警戒して下さい。中国と近畿から東北にかけては晴れ間がでますが、一部でにわか雨や雷雨がありそうです。北海道と沖縄はおおむね晴れるでしょう。
最高気温は全国的に平年より高い見込みです。沖縄から北海道にかけて、多くの所で真夏日でしょう。雨が降る鹿児島や福岡、高知でも30度以上の予想です。台風が運んできた暖かく湿った空気の影響により、日中はかなり蒸し暑くなるでしょう。
晴れる東京や金沢は35度と、うだるような暑さが続きそうです。近畿から東北にかけては、内陸では37度くらいまで上がる所があるでしょう。熱中症には厳重に警戒して下さい。札幌は32度と、1年で最も暑いこの時期の平年に比べて、さらに4度くらい高いでしょう。特に屋外での作業は無理をせず、こまめに水分や休憩をとるよう心掛けて下さい。

厳重警戒

あす、夕方までの24時間に予想される雨の降る量は、いずれも多い所で、九州で300ミリなどとなっています。台風8号の形は小さくまとまっているため、接近に伴って急に風や雨が強まるおそれがあります。特に朝の通勤の時間帯と重なりますので、進路にあたる地域では、暴風や土砂災害、低い土地の浸水や川の増水、氾濫に厳重に警戒して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい