6日 台風8号発達しながら九州上陸へ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

6日 台風8号発達しながら九州上陸へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


台風8号が、西日本の南海上を発達しながら西よりに進んでいます。5日(月)夜は九州南部にかなり接近。6日(火)にかけて九州を縦断し、九州各地で大荒れの天気になるおそれがあります。暴風や高波、大雨に警戒して下さい。

台風8号 6日九州上陸のおそれ

台風8号は、5日(月)正午現在、暴風域を伴いながら西日本の南海上を西よりに進んでいます。台風8号は海面水温が29度以上の海域を進むため、この後さらに発達し、強い勢力で、今夜、九州南部の太平洋側にかなり接近する見込みです。6日(火)未明から明け方に九州南部付近を通り、6日朝から昼前後に九州北部付近を通過するでしょう。

台風8号の警戒点

台風8号は大きくありませんが、中心付近はしっかりと渦を巻き発達した積乱雲を伴っています。台風が接近すると、九州は急に雨や風が強まり大荒れの天気になるおそれがあります。
最新の気象情報や交通情報にお気をつけ下さい。
【暴風】台風8号の接近に伴い、九州は5日(月)夕方から夜は次第に東よりの風が強まるでしょう。宮崎県は6日(火)未明から明け方は台風の暴風域に入り、最大瞬間風速は陸上で35m/s、海上で45m/s吹くおそれがあります。九州その他の地域も陸上で30m/s、海上で35m/sの突風が吹く所があるでしょう。風に向かって歩けずに転倒したり、建てつけの悪い看板やトタン板などが外れるなど物が飛ばされやすくなります。
家の周りの飛ばされやすい物はあらかじめ固定したり、室内に取り込んでおきましょう。台風が接近してからの屋外での活動はたいへん危険ですので、絶対にやめましょう。
【大雨】台風本体の発達した雲がかかると、局地的に1時間に80ミリの猛烈な雨が降るでしょう。地形の影響が加わる九州山地の東側は一段と雨量が多くなるおそれがあります。総雨量は、九州の多い所で500ミリに達する見込みです。
土砂災害や河川の増水、氾濫、低い土地の浸水に警戒が必要です。
【高波】九州の太平洋側の海上は、5日(月)夜から6日(火)はうねりを伴い大しけになるでしょう。その他の海域も、うねりを伴い波が高くなり、対馬海峡沿岸はしけてくる見込みです。
海上は暴風や高波に警戒して下さい。海のレジャーは控えましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい