台風8号 特徴と警戒点 猛烈な風や大雨の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台風8号 特徴と警戒点 猛烈な風や大雨の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C


台風8号は4日(日)は小笠原諸島に、5日(月)午後から6日(火)に西日本に接近、上陸の恐れ。暴風や高波、大雨に警戒が必要です。

台風8号 接近、上陸の恐れ

台風8号は4日(日)朝までに中心付近の最大風速が25メートルとなって、小笠原諸島の父島付近に接近するでしょう。その後、発達して暴風域を伴い、5日(月)午後から6日(火)にかけて西日本に接近、上陸の恐れがあります。今回の台風の特徴は比較的コンパクトなため、近づくと急に雨や風が強まる恐れがあります。

各地の警戒ポイント

【小笠原諸島】台風の接近に伴って急に風が強まり、4日(日)は非常に強い風が吹くでしょう。瞬間的には走行中のトラックが横転してしまうような風が吹く可能性があります。波の高さは6メートルと大しけとなるため、海岸付近には近づかないようにして下さい。また、平常時の潮位が年間でも高い時期なため、高潮にも注意が必要です。カミナリを伴った非常に激しい雨が降り、大雨の恐れもあります。
【西日本】台風が予報円の中心を進むと、5日(月)午後から6日(火)にかけて九州に上陸し、九州を中心に荒天となるでしょう。猛烈な風が吹き荒れ、海上は大しけとなる恐れがあります。暴風やうねりを伴った高波に警戒が必要です。台風本体の活発な雨雲がかかるため、大雨となる恐れもあります。四国にも台風周辺の湿った空気が流れ込み、雨量が多くなるでしょう。土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水に警戒が必要です。暴風や大雨で、交通機関に影響のでる可能性もあり、交通情報にも注意が必要です。
なお、この予想は3日午後の資料をもとに作成しています。台風の進路次第で警戒期間や影響を受ける地域が変わる可能性がありますので、最新の台風情報をご確認下さい。

台風8号だけじゃない 台風の卵も

台風8号だけではありません。日本のはるか南には台風の卵である「熱帯低気圧」があります。この熱帯低気圧が台風まで発達するかはまだはっきりしませんが、今後北上し、日本列島に影響を与える恐れもあります。台風シーズンに入っていますので、今後も注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい