総雨量1000ミリ超え 活発な雨雲は東へ広がる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

総雨量1000ミリ超え 活発な雨雲は東へ広がる

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D

画像E

画像E


宮崎県のえびの高原では、きょう3日(水)午後3時に、降り始め(6月28日~)からの雨量が1000ミリを超えました。九州では南部を中心に非常に激しい雨が続いているほか、四国でも激しい雨が降るおそれがあります。

えびの高原で総雨量1000ミリ超え

九州には活発な梅雨前線がかかっていて、大雨となっています。きょう午後3時現在、宮崎県のえびの高原で降り始め(6月28日)からの雨量が1000ミリを超えました。また、九州南部を中心に局地的に雨脚の強い状態が続いています。

活発な雨雲は東へ広がる

現在、九州南部にかかっている活発な雨雲は、次第に東へ広がる予想です。九州では南部を中心に雨が続くほか、四国でも局地的にカミナリを伴って、滝のような雨の降る所がありそうです。また、西日本だけでなく、東日本にも次第に活発な雨雲が広がるでしょう。大雨の範囲が広がるおそれがあるため、最新の気象情報をご確認下さい。

避難は早めに

雨のピークが日が暮れた後となる地域もある予想です。激しい雨で防災無線が屋内まで聞こえなかったりするだけでなく、日が暮れた後は周囲の状況を見通せなくなり、より避難が困難となります。自治体からの避難情報だけでなく、身の危険を感じた場合には、すみやかな避難をしてください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい