28日関東 台風の後も急な雨や雷雨 真夏日の所も

tenki.jp
関東は、台風3号の影響で、朝は南部の沿岸部で雨や風が強まる所も。午後も大気の状態が不安定で、局地的に雨雲やカミナリ雲が発達。蒸し暑さがレベルアップして、真夏日の所も。 天気のポイント 28日の関東は、台風3号の影響で、朝までは広い範囲で雨が降るでしょう。台風は関東の南岸を東へ進むため、発達した雨雲は海上が中心ですが、活発な雨雲の一部が、千葉県など南部の沿岸部にかかる恐れがあります。また、南部の沿岸部を中心に風も強いでしょう。朝の通勤や通学は、念のために時間に余裕をもってお出かけ下さい。 そして台風は足早に遠ざかり、28日の午後には、日本の東で温帯低気圧に変わる見込みですが、「午後も大気の状態が不安定」なのがポイント。関東の平野部でもカミナリが鳴ったり、局地的に雨雲が発達しそうです。落雷や突風、急な強い雨に注意が必要です。お出かけの時に雨が止んでいても、念のために傘をお持ち下さい。 また、台風が去っても、海は波の高い状態が続くでしょう。高波にも、お気をつけ下さい。 気温のポイント そして台風が暖かい空気を運んできた影響で、気温は、朝から高くなっています。東京都心の午前3時の気温は23度7分と、7月中旬並みでした。 日中もこの時期にしては暑く、内陸部では真夏日の所もあるでしょう。「気温も湿度も高く、蒸し暑い」のがポイントです。お出かけは風通しの良い服装がおススメです。汗拭きタオルもあると良いでしょう。飲み物を持ち歩くなど、こまめな水分補給も心掛けて下さい。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック