北海道 ひんやり空気 解消 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 ひんやり空気 解消

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


昨日(17日)の北海道は、上空に流れ込んだ寒気の影響で、季節は逆戻り。全道で最高気温が20度を下回り、6月後半の北海道としては10年ぶりの気温の低さとなりました。今日(18日)は、ひんやり空気は解消して、全道的に過ごしやすい陽気が戻りそうです。

10年ぶりの気温の低さに

昨日(17日)の最高気温は、全道的に平年を下回り、日本海側の内陸やオホーツク海側では4月中旬から下旬並みの寒さとなりました。最も高くなった函館でも18.3度と、全道で最高気温が20度を下回ったのは、6月後半の北海道としては10年ぶりのことでした。札幌も14.9度と15度に届かず、6月後半としては17年ぶりの低さとなりました。今日(18日)は、上空の寒気がぬけるため、ひんやり空気は解消する見込みです。

過ごしやすさ戻る

今日(18日)の最高気温は、昨日より5度から10度高く、この時期本来の気温に戻るところが多いでしょう。札幌も昨日より7度高い22度と、平年並みとなりそうです。昨日(17日)は全道的に風も強く、上着を着ても寒いくらいでしたが、今日は、風も収まるところが多いため、より過ごしやすくなるでしょう。
午後も道内は、広く晴れ間が出て外で過ごすにもまずまずですが、宗谷地方やオホーツク海側の内陸など一部では大気の状態がやや不安定となるため、にわか雨に注意して下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい