西で非常に激しい雨 東も月曜以降 大雨の恐れ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

西で非常に激しい雨 東も月曜以降 大雨の恐れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像C

画像C


きょう19日(日)は、西日本を中心に雨。九州では非常に激しい雨も。月曜以降は、西日本から東日本の広い範囲で雨が降り、大雨の恐れ。

西日本は非常に激しい雨 土砂災害警戒

きょう19日(日)は、日本付近には湿った空気が流れ込むでしょう。九州は雨が降り、特に屋久島では午前中を中心に局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。屋久島ではこれまでの雨で地盤が緩み、増水した河川があります。引き続き、土砂災害に警戒し、河川の増水や氾濫、低い土地の浸水にご注意ください。宮崎県や鹿児島県では夕方以降、激しい雨や雷雨の所がありそうです。落雷や突風、短時間に降る強い雨に注意が必要です。四国や中国、近畿は午前中は晴れ間もあるでしょう。午後は雲が多く、夜は広い範囲で雨が降りそうです。

東日本は雨ぱらつく 北日本は行楽日和

東海や関東は、日の差す所があるでしょう。ただ、雲が広がりやすく、雨のぱらつく所がありそうです。北陸や東北、北海道はおおむね晴れて、天気の崩れはないでしょう。お出かけには最適な陽気となりそうです。ただ、北海道では最高気温25度以上の夏日が多く、真夏の気温になる所もあるでしょう。急な暑さで熱中症にかかりやすくなるので、注意が必要です。沖縄も梅雨の晴れ間となり、屋外のレジャーが楽しめそうです。最高気温30度前後と、暑さが続くでしょう。

月曜日以降 東日本も大雨

あす20日(月)からあさって21日(火)にかけて次第に前線が本州付近を通過するでしょう。西日本から次第に雨の範囲が広がる見込みです。20日(月)は西日本が中心、21日(水)は東日本を中心に雨が降るでしょう。特に太平洋側で雨の降り方が強まりそうです。風も強まるため、横殴りの雨の所もあるでしょう。通勤、通学や外出の際はしっかりした傘やレインコート、レインブーツがあったほうが良さそうです。今年一番のまとまった雨になる所が多いため、土砂災害や河川の増水、氾濫などに注意、警戒してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい