14日 沖縄は強い雨・落雷・突風 関東も激しい雨 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

14日 沖縄は強い雨・落雷・突風 関東も激しい雨

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


14日(火)は、沖縄本島地方は急な強い雨、落雷や激しい突風に注意。九州から東北も雨や雷雨。東海や北陸、関東では局地的に傘を差していても濡れてしまうくらいの雨が降りそう。

きょうの天気

14日(火)は、日本の東にある高気圧の縁を回って、本州付近に湿った空気が流れ込むでしょう。東海や関東を中心に大気の状態が不安定になる見込みです。大陸から南西諸島付近に延びる前線は、ほとんど停滞するでしょう。前線上の低気圧は、今後、前線と離れて奄美地方に近づく見込みです。前線や低気圧に向かって、南から暖かく湿った空気が流れ込んでいます。沖縄本島地方では、大気の状態が非常に不安定になっています。【各地の天気】沖縄本島地方では、昼前後を中心に雨や雷雨でしょう。夕方にかけて積乱雲が発達し、落雷や竜巻などの激しい突風が吹く恐れがあります。発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、頑丈な建物の中に移動するなど、安全確保に努めて下さい。奄美は、雨が降り、昼前後は雷を伴って激しく降る所があるでしょう。九州南部の雨のピークは、午前中です。朝の通期の時間帯は、傘をさしていても濡れてしまうくらいの雨が降る所があるでしょう。夜には雨は止む所が多い見込みです。九州北部は、昼頃にかけて所々で雨が降るでしょう。午後は福岡や佐賀など、対馬海峡沿岸の地域で日差しが届きそうです。四国は、日中は太平洋側を中心に雨が降る見込みです。中国地方は、雲が広がるでしょう。夜のはじめ頃にかけて、雨や雷雨の所がありそうです。近畿も、厚い雲に覆われるでしょう。午後は雨が降る時間帯があり、局地的に雷を伴う見込みです。北陸も、午後を中心に雨雲がかかるでしょう。雷が鳴り、激しく降る所もありそうです。東海は、早い所は、昼前から雨が降り出すでしょう。雨具が手放せない一日となりそうです。局地的に雷を伴って、バケツをひっくり返したように降ることもあるでしょう。関東も、断続的に雨が降り、所々で雷が鳴るでしょう。東京や神奈川は、午前中に激しく所がありそうです。内陸では、午後は一時的に雨脚が強まって、道路が川のようになることもあるでしょう。東北は、午前は日差しが届く所がありそうです。午後は、南部を中心に雨雲や雷雲がかかるでしょう。北海道は晴れる見込みです。

きょうの最高気温

最高気温は、九州から関東で、きのう(13日)と同じくらいか低くなるでしょう。那覇は29度、鹿児島24度、福岡は26度の予想です。高知は21度で、4月中旬並みでしょう。広島は25度、大阪は26度まで上がる予想です。名古屋は21度、東京は20度の予想で、ともに4月下旬並みでしょう。金沢はきのうより4度ほど低い22度の予想です。名古屋、東京、金沢は、昼間も薄着では少しヒンヤリと感じられそうです。仙台は20度、秋田と札幌は23度で、きのうより3度ほど高くなりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい