平成最後の通勤 暖かくして 都心は気温が横ばい予想 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

平成最後の通勤 暖かくして 都心は気温が横ばい予想

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


関東の平野部は、26日は気温が急降下。未明には、南部を中心に気温が20度前後でしたが、午前6時には12~13度台の所が多くなりました。都心は5日ぶりのヒンヤリした朝で、日中も気温は横ばいの予想です。

未明は暖かかったが 朝はグッと気温ダウン

26日朝の関東は、気温がグングン下がっています。東京や横浜、千葉、熊谷、前橋では、未明に最高気温20度前後を観測しましたが、午前6時の気温は、水戸で10度3分、宇都宮で12度2分、前橋で13度8分、熊谷と千葉で12度9分、東京都心で12度8分、横浜で13度4分となっています。午前6時の気温がここまで低いのは、5日ぶりでした。今週は暖かい朝の日が多かっただけに、連休前の最後の出勤日は、朝の空気の冷たさが身にしみそうです。

都心の気温は日中も12度くらい 北部は3月並み

日中も、気温はあまり上がらない所が多いでしょう。都心では、昼間も12度くらいのままで推移する可能性があります。関東南部を中心に、北または東よりのヒンヤリ風が続くので、体感的には10度くらいの所が多くなりそうです。関東北部では、日中の最高気温は昨日より10度くらい低く、水戸や宇都宮は3月下旬並みの予想です。連休前に急な寒さで、体調を崩さないよう、注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい