週間予報 週中頃まで強い寒の戻り 週末は春爛漫に 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間予報 週中頃まで強い寒の戻り 週末は春爛漫に

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


4月1日(月)から3日(水)にかけて強い寒気が南下。桜が見ごろの頃に寒の戻りとなることは珍しいことではありませんが、今回予想される寒気は4月としてはめったにない強さです。

予想される寒気

4月1日(月)から2日(火)にかけて、上空5500メートル付近で冬に大雪の目安とされる氷点下36度以下の寒気が北陸付近まで南下する予想です。関東付近には氷点下33度以下の真冬並みの寒気が流れ込む見込みです。上空1500メートル付近では冬に平地で雪の目安とされる氷点下6度以下の寒気が、1日から3日(水)にかけて九州南部や本州の太平洋側の地域まで南下しやすいでしょう。
関東付近の上空、館野のおよそ5500メートルで4月に氷点下33度以下の寒気が流れ込んだのは2001年4月1日以降ありません。

1日(月)~3日(水) 強い寒の戻り 雪や強い風も

強い寒気の影響で、1日から2日にかけて山陰から北海道は大気の状態が不安定になるでしょう。日本海から発達した雪雲や雨雲が流れ込みます。太平洋側でも雲が発生、発達し、急な強い雨や標高の高い所では雪の降る所があるでしょう。東北、北海道では平地でも雪が降る所がありそうです。天気の急変に注意が必要です。広く西または北よりの風が強めに吹き、最高気温は全国的に平年より低いでしょう。2月下旬並みとなる所もある予想です。
3日は日本海側の雪や雨は次第に収まる傾向です。北または西よりの風と、この時期として気温が低い状態は続くでしょう。

4日(木)以降 暖気北上 週末は4月下旬並みも

4日(木)は上空5500メートル付近で氷点下36度以下の寒気、上空1500メートル付近で氷点下6度以下の寒気は、ともに北海道付近まで北上する見込みです。南からは次第に暖かな空気が流れ込みます。上空1500メートル付近で6度以上の暖気が5日(金)は九州を覆い、6日(土)から7日(日)にかけては関東まで覆われるでしょう。この暖気は、晴れると地上の気温が20度以上となる目安とされています。
最高気温は、4日は広く平年並みとなり、5日以降は平年より高くなる所があるでしょう。4月下旬並みとなる所もある予想です。

4日以降の天気 広く天気が崩れる日も

4日は大陸の高気圧が日本の南まで移動する見込みです。全国的に日差しが届くでしょう。5日から6日にかけては気圧の谷が日本列島を通過します。雨のマークがついていない所でも雨が降る可能性があります。風も強めに吹きそうです。7日は日本列島に西から気圧の谷が近づくでしょう。広く日差しが届く見込みですが、天気はすぐに下り坂へ向かいます。九州から雲が広がり、次第に雨が降り出すかもしれません。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい