北海道や中国、四国で今年に入って最も暖かい朝 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道や中国、四国で今年に入って最も暖かい朝

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


今朝は北海道や山陽、四国でこの時期にしては気温の高い朝、最も暖かい朝を迎えている所が多くなっています。

氷点下の冷え込み地点、きのうに比べて400近くも減

前線を伴った低気圧が、北海道の北と、九州の南をそれぞれ東へ進んでいます。低気圧の中心に向かうように、南風にのって暖かな空気が流れ込んでいるため、今朝はこの時期にしては気温の高い所が多く、特に北海道は設置されたアメダス地点の9割以上で今年に入って最も暖かい朝となっています。また、山陽、四国もほとんどの地点で、今年一番気温の高い朝を迎えています。
なお、今朝、最も気温が低くなった所は昨日(18日:月曜)と同じ富士山山頂でした。ただ、今朝は氷点下14度9分どまりで、氷点下20度を下回った昨日に比べると冷え込みが和らいでいます。また昨日、富士山山頂に次いで最低気温が低かった所(岐阜県高山市の六厩)は氷点下15度を下回っていましたが、今朝は氷点下7度7分どまりとなっています。(岩手県西和賀町の沢内でした)
さらに、今朝、氷点下まで気温が下がったのは、全国に設置されたアメダス920地点あまりの中で約190地点。昨日は約580地点だったため、大幅な減少となりました。
このあと日中も広い範囲で平年を上回る暖かさになり、特に北海道、東北など北日本では平年より7度以上も高い所があるでしょう。積雪が多く残っている山沿いはナダレなどに十分な注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい