強まる雪 落雷 突風注意 東北 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

強まる雪 落雷 突風注意 東北

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


東北地方では、北日本を通過する低気圧や前線の影響で、あす16日(土)夕方にかけて、日本海側や北部では短い時間に強まる雪、落雷や突風などにご注意ください。あさって17日(日)にかけて、日本海側を中心に大雪やふぶき、着雪、なだれ、高波などにお気をつけください。

16日(土)強まる雪 落雷 突風に注意

低気圧が発達しながら北日本を通過して、前線が東北地方を通過する予想です。低気圧や前線に向かって湿った空気が流れ込む影響で、東北地方では大気の状態が不安定になるでしょう。夕方にかけて雷雲が発達して、局地的に積雪が急に増えるおそれがあります。落雷や突風にもご注意ください。
また、低気圧が発達するため、海、山を中心に風が強まるでしょう。海上や海岸付近では高波にご注意ください。強い季節風に乗って、太平洋側でも山沿いには雪雲が流れ込みそうです。

17日(日)日本海側はふぶきに注意

16日の夜には冬型の気圧配置になるでしょう。17日(日)も冬型の気圧配置が続き、日本海側を中心に雪の降るところが多くなりそうです。西よりの風が吹き、ふぶきによる見通しの悪さに注意が必要です。沿岸や平地で降る雪は、湿った雪となりますので、着雪やなだれ、屋根からの落雪にご注意ください。一方、太平洋側は晴れますが、風が冷たく寒さが続きそうです。暖かくしてお過ごしください。

来週は気温上昇 なだれ 落雪に注意

強い寒気の影響で最高気温、最低気温ともに平年より低く、厳しい寒さが続いていた東北地方ですが、少しずつ気温が上がっていきそうです。
16日(土)、17日(日)の最高気温、最低気温は平年並みのところが多い予想です。そして来週は、上空にこの時期としては暖かい空気が流れ込む影響で、最高気温、最低気温ともに平年より高いところが多くなりそうです。積雪の多い地域では、なだれや屋根からの落雪に注意が必要です。18日(月)は日本海側でも晴れ間が出て、日差しに春を感じられるところがありそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい