関東に大雪情報 交通への影響や凍結に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東に大雪情報 交通への影響や凍結に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


きょう(31日)、関東甲信地方で雪や雨が降り、関東南部でも積雪になる所がありそうです。大雪情報の出ている地域もあり、交通機関への影響や路面の凍結に注意が必要です。

本州の南に前線や低気圧

きょう(31日)、寒冷前線が通過した関東では、午前中から南部を中心に雨が降りました。昼ごろには雨が一度やみましたが、このあとは関東の南に前線や低気圧が進んでくる見込みで、上空には低気圧が引き込む寒気が流れ込んできます。夕方からふたたび雨雲がかかり、関東南部の平野部でも、あす(1日)の未明にかけて雪の降る所があるでしょう。

関東南部に大雪情報も

あす(1日)正午までの24時間に降る雪の量は、多い所で
山梨県、箱根から多摩、秩父にかけて 10センチ
関東南部(平野部) 5センチ
関東北部(平野部) 3センチ
関東北部(山沿い) 20センチ
長野県 30センチ の予想です。
気象庁は、関東南部に大雪に関する情報を発表していて、東京23区や神奈川県東部でも雪が降り、1センチ程度の雪が積もる所もありそうです。千葉や埼玉の平野部でもうっすら積もる所があるでしょう。あすの朝にかけてグッと冷え込むため、積雪にならなかったとしても路面が凍結したり、交通への影響が出たりする恐れもあります。今夜(31日)からあす(1日)の朝にかけて車を運転する場合は、冬装備をもう一度確認し、スピードを出しすぎないようにするとともに、車間距離を十分にとりましょう。

1日は広く晴れて、北風が冷たい一日に

あす(1日)は、西高東低の冬型の気圧配置に変わります。関東の雪や雨は未明までにやんで、日中は広く天気が回復するでしょう。晴れて日差しもたっぷり届きますが、気温はあまり上がりません。日中の最高気温は8度から10度くらいの所が多く、北風が強めに吹くため、体感温度は実際の気温よりも低くなりそうです。あす(1日)のおでかけに雨具は必要ありませんが、風を通しにくいコートやマフラー、手袋などで、万全の寒さ対策をするようにしましょう。また空気もふたたび乾いてきます。寒さと乾燥で体調を崩さないよう、十分にお気を付けください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい