北海道の3か月 大雪・吹雪のあとで春

tenki.jp

25日、札幌管区気象台は3か月予報(2月~4月)を発表しました。向こう3か月の平均気温はほぼ平年並みですが、2月は平年並みか低く、3月はほぼ平年並み、4月は平年並みか高い見込みです。2月は厳しい寒さとなりますが、それを乗りきれば、平年よりも暖かい春がやってきそうです。降水量は、2月は全道的に平年並みか多く、3月と4月はほぼ平年並みでしょう。2月は全道的に大雪や吹雪となる恐れがあるので日々の天気予報をこまめに確認した方がよさそうです。

2月 厳しい寒さ! 大雪や吹雪に注意

偏西風の蛇行の影響で日本付近には暖かい空気が流れ込みやすくなります。一方で、北海道付近には北から強い寒気が流れ込むことがあるため、北海道付近では暖かい空気と冷たい空気がぶつかり、低気圧が発達する恐れがあります。日本海側では平年よりも雪の降る日が多く、太平洋側やオホーツク海側でも低気圧や気圧の谷の影響で雪の降ることがあるでしょう。北海道付近で低気圧が発達した場合、広い範囲で大雪や猛吹雪となる恐れがあります。車の中には常にスコップや牽引ロープ、防寒着を入れておくなど、日ごろから防災対策をしておくと万が一の時の助けとなります。

3月 前半は日本海側で大雪も

アリューシャン低気圧が強まる影響で、北海道付近は冬型の気圧配置が強まりやすくなります。日本海側を中心に雪が降りやすく、局地的な大雪となる恐れもあります。一方、太平洋側やオホーツク海側では平年と同様に晴れる日が多いでしょう。冬型の気圧配置が強まりやすい3月前半を中心に急に真冬の寒さが戻ることも予想されますが、後半は強い寒さとなる日は少なくなりそうです。

4月 急に春めく。ぽかぽか陽気が多いかも

高気圧と低気圧が交互に通過する春の気圧配置となってきます。日本海側やオホーツク海側では、平年どおり数日の周期で天気が変わる見込みです。太平洋側でも数日の周期で天気が変わりますが、平年と同様に晴れる日が多いでしょう。気温は平年並みか高く、春のぽかぽか陽気となる日も多そうです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック