冬将軍猛威 ドカ雪も 帰省にどう影響? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

冬将軍猛威 ドカ雪も 帰省にどう影響?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


30日(日)頃にかけて日本海側だけでなく太平洋側でも今季これまでで一番の大雪の恐れ。猛ふぶきなど悪天候による交通機関への影響大。寒さも強烈です。

28日(金)~30日(日)が大雪と寒さのピークか

きょう27日(木)は、全国的に風が強まり、北日本の日本海側を中心に積雪が増えています。あす28日(金)から29日(土)も強い冬型の気圧配置が続き、今シーズンこれまでで最も強い寒気が日本列島に流れ込みます。このため日本海側だけでなく太平洋側でも雪の積もる所があり、今季一番の大雪となる所があるでしょう。寒さも厳しく、特に28日(金)は全国的に季節風が強く吹き、昼間も震える寒さとなる所が多いでしょう。地方ごとに天気のポイントや注意点をまとめました。

北海道・東北 猛ふぶきで交通機関は大混乱か

30日(日)頃にかけて上空の寒気が非常に強く、日本海側を中心に雪雲が発達しやすいでしょう。そのうえ広範囲で非常に強い風が吹き荒れる、というのがポイントで、瞬間的には30m/sを超えるような暴風となる恐れがあります。走行中のトラックが横転するほどの風で、外出は危険なレベルです。このため猛ふぶきとなって見通しがかなり悪くなりそうです。気温が低いため、乾いた雪が舞いあがって、局地的には右も左も分からないようなホワイトアウトとなることも考えられます。外出はできるだけ控え、やむを得ず外出する場合は、車に防寒着やスコップ、懐中電灯、非常食などを忘れずに準備しましょう。また、悪天候による飛行機の欠航や遅延、列車のダイヤ乱れなど、交通機関への影響が避けられない状況です。予定を変更することも検討しつつ、最新の情報を確認してください。なお、強い風により太平洋側にも雪雲が流れ込んで、平地も雪景色へと変わります。積雪が一気に増えて、今季これまでで一番雪の積もる所もあるでしょう。

北陸、関東甲信、東海 山は今季一番の大雪 ドカ雪も

北陸も30日(日)にかけて断続的に雪で、ふぶくでしょう。こちらも空の便や鉄道など交通機関への影響が大きくなりそうです。また、発達した雪雲が次々と流れ込んで、関東北部の山間部や、長野県北部でも雪が強弱をつけて降り続きそうです。つい1~2週間ほど前に積もった雪とは比べものにならないほど積雪があっという間に増えるでしょう。車で峠越えを予定されている方は、雪の装備を万全にしてください。また、今夜からあす28日(金)にかけては気圧の谷の影響で、関東の平野部でも雪がちらついたり、雨がぱらつく可能性があります。東海はこの気圧の谷の影響が大きく、今夜からあす朝にかけて雪や雨の降る所があるでしょう。さらに29(土)にかけて岐阜県の山地を中心に雪となり、平地でも積雪や凍結で路面の状況が刻々と変化しそうです。帰省のために、慣れない運転をする方も多いかと思いますが、時間に余裕を持ち、無理して先を急がないようにしましょう。

近畿・中国・四国・九州 積雪・凍結に要注意

今夜から29日(土)にかけてが雪のピークです。近畿北部や中国、四国は山地を中心に積雪となり、近畿中部や近畿南部でも雪の積もる所があるでしょう。湿った重い雪が降るため、停電にも注意が必要です。ビニールハウスは倒壊の恐れがあります。また、路面は雪が積もったり、凍結したりとスリップ事故が起こりやすくなります。思わぬ立ち往生で慌てないよう、車には軍手やスコップ、カイロなど暖をとれる物を備えておきましょう。九州でも北部では雪がちらつき、標高の高い山では雪が積もる所がありそうです。

今回の冬将軍はしぶとい!

なお、冬将軍は今回、長期滞在型で、年始にかけても日本海側では雪が降るでしょう。Uターン時まで影響が長引く恐れがあります。また、各地で厳しい寒さが続くでしょう。年末年始のお休み中もtenki.jpで最新の情報を確認してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい