週間 年末寒波 帰省やイベント直撃 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 年末寒波 帰省やイベント直撃

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C

画像D

画像D


今週木曜日(27日)からは強い寒気が襲来。帰省や年末のイベントに大きな影響を及ぼすおそれ。普段雪が降らない地域での積雪や、厳しい寒さに注意が必要です。

あすの天気 朝は冷蔵庫や冷凍庫のような寒さ

あす25日(火)は本州付近は高気圧に覆われます。九州から関東、東北・北海道の太平洋側はおおむね晴れるでしょう。あすは寒気の流れ込みが一時的に弱まるため、日本海側の雪や雨も一旦落ち着く見込みです。北陸は晴れ間の出る所もあり、東北・北海道の日本海側の雪やふぶきも朝晩に限られそうです。一方、朝の冷え込みはけさよりも強く、九州から関東は広く5度以下、東北と北海道は0度未満の冬日の所が多いでしょう。日中は全国的にこの時期らしい寒さとなりそうです。

あさって以降の天気 週後半は強烈寒波

日本付近は27日(木)頃から冬型の気圧配置が強まり、28日(金)頃は平地でも雪の目安となる「上空1500メートル付近でマイナス6度以下」の強い寒気が本州付近をすっぽりと覆います。日本海側は大雪や大荒れ、太平洋側の平地でも所々で積雪となるおそれがあります。ちょうど帰省ラッシュと重なるため、年末の移動の際には、最新の気象情報・運行情報をご確認ください。また、車で積雪のある地域を通る予定の場合には、冬用タイヤに替えておくなど、雪対策が欠かせません。

寒さ対策も忘れずに

この「年末寒波」に伴い、全国的にグッと気温が下がる見込みです。28日以降は、最低気温は北海道でマイナス10度以下、関東から九州でも0度以下となる所がありそうです。また、日中も厳しい寒さで、大みそかにかけて最高気温が10度に届く所は少なくほとんどの所で真冬の寒さです。特に、この時期は年末のイベントや年越しなどで、早朝や深夜に外出する機会が多くなります。体調管理にはくれぐれもお気を付け下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい