18日 強い寒気 日本海側は吹雪や雷も

tenki.jp
きょう18日(火)の本州付近は、冬型の気圧配置が続きます。強い寒気の影響で、日本海側を中心に大気の状態が不安定でしょう。 きょうの天気 日本海側は大気不安定 北海道・東北の日本海側は雪や雨で、ふぶく所もあるでしょう。北陸も雪の交じることがありそうです。また、いずれの地域も落雷に注意が必要です。北海道・東北の太平洋側と関東から九州は広く晴れますが、北海道・東北では山沿いを中心に雪雲が流れ込むことがありそうです。なお、空気が乾燥するため、火の元や体調管理にお気を付けください。 きょうの気温 この時期らしい寒さ 最高気温は、きのうと同じくらいか低くなる所が多いでしょう。那覇は21度の予想です。鹿児島は15度、福岡と高知は13度、広島11度、大阪は13度、名古屋は11度で、九州から東海は、きのうと同じくらいか低いでしょう。東京は13度で、きのうより高く、日差しが暖かく感じられそうです。金沢は10度、新潟と仙台9度、秋田は6度で、北陸と東北はきのうより低くなる所が多いでしょう。札幌は1度、釧路は3度で、北海道もきのうより低く、昼間も凍える寒さとなりそうです。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック