偏西風に乗った台風21号 今後の見通し

tenki.jp
4日、四国や近畿、東海や北陸に大きな影響を与えた台風21号。5日午前0時現在、函館市の南西の海上を時速80kmの速さで北北東に進んでいるとみられます。台風は今後も、北よりに進み、5日朝には日本海北部で温帯低気圧に変わる見込みです。 台風21号 現在の状況 4日、四国や近畿、東海や北陸に大きな影響を与えた台風21号。5日午前0時現在、函館市の南西の海上を時速80kmの速さで北北東に進んでいるとみられます。台風は今後も速いスピードで北上するため、北海道では台風の接近とともに雨や風が急速に強まる予想です。 予想される風や雨 北海道では5日昼前にかけて、東北地方は明け方にかけて南よりの暴風となり、日本海側の海上では猛烈な風が予想されます。また、日本海側を中心に雷を伴って1時間に50ミリの非常に激しい雨が降り、昼前にかけて大雨となる恐れがあります。 また、台風中心から離れている東日本でも暖かく湿った空気が流れ込んでいて、これから昼ごろにかけて大気の非常に不安定な状態が続きます。関東甲信でも明け方にかけて1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。風も沿岸部を中心に夕方にかけて強い状態が続く予想です。 北日本では接近中の台風に、東日本でも局地的な大雨や土砂災害、強風やそれによる交通の乱れにご注意ください。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック