九州 2つの台風 暴風・高波に警戒

tenki.jp
きょう(23日)は四国の南海上を強い台風20号が、韓国のチェジュ島付近を台風19号がそれぞれ北上しているため、九州は雲が多く太平洋側を中心に所々で雨が降っています。台風20号は夜のはじめ頃に四国にかなり接近・上陸し、台風19号はあす(24日)、朝鮮半島を北東へ進むでしょう。九州は太平洋側と対馬の海上を中心に暴風やうねりを伴った高波に警戒が必要です。 九州の太平洋側 台風20号に警戒 強い台風20号は四国の南海上を北上しており、きょう(23日)夜のはじめ頃に強い勢力を維持したまま四国地方にかなり接近し、上陸する見込みです。九州の太平洋側は23日夜遅くにかけて非常に強い風が吹く所があり、海は大シケでしょう。 予想される最大風速は大分県の海上で20メートルの非常に強い風が吹くおそれがあります。 予想される波の高さは大分県から九州南部の太平洋側で6メートルとうねりを伴い大シケが続く見込みです。暴風やうねりを伴った高波に警戒して下さい。 対馬の海上 台風19号に警戒 台風19号は、23日夜は進路を次第に北東に変え、あす(24日)昼ごろにかけて朝鮮半島を進むでしょう。台風の進路に近い長崎県の対馬の海上はあす(24日)未明から朝にかけて、最大風速20メートルの非常に強い風が吹き、うねりを伴い6メートルの大シケとなる見込みです。対馬の海上は暴風やうねりを伴った高波に警戒が必要です。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック