1日 西日本・東海エリアの天気と注意点

tenki.jp

8月1日の西日本・東海エリアは、内陸部や日本海側を中心に体温を超える暑さになる所があるでしょう。熱中症に厳重な警戒が必要です。また、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むため、九州南部、四国、近畿、東海では突然の雷雨に注意をしてください。

熱中症に厳重警戒を

きょう1日は、気温が35度以上になる所が多く、内陸部や日本海側を中心に37度や38度くらいまで上がる所があるでしょう。熱中症の危険が高くなります。こまめに水分を摂り、汗をかいたら塩分も補給してください。復旧作業は、できるだけ昼間の時間帯を避け、休憩をはさみながら無理のないように行いましょう。また、福岡市や広島市など、夜遅くにかけて気温が30度を下回らない所がある見込みです。夜も、屋内でも、熱中症への万全な対策をしてお過ごしください。

突然の雷雨に注意

きょう1日は、台風12号が発達しながら東シナ海を西よりに進む見込みです。台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むため、太平洋側を中心に雨雲や雷雲が発達する所があるでしょう。九州、四国の南東斜面では、引き続き雨が降りやすく、雷を伴って激しく降る所がある見込みです。近畿、東海の山沿いでは午後は天気が急変し、雷が鳴ったり、バケツをひっくり返したような雨が降る恐れがあります。ただ、上空の風が弱いため、山沿いで発生した雨雲が平野部まで移動してくる可能性は低いでしょう。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック