「逆走」台風 「特急電車並み」の風に警戒

tenki.jp
台風12号は東海地方に上陸する可能性が高くなっています。強い勢力を維持したまま接近するため、広い範囲で猛烈な風や雨に厳重な警戒が必要です。 台風の現在と今後の見通し きょう28日(土)午前10時現在、強い台風12号は八丈島の東を北北西に1時間に45キロの速さで進んでいます。中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルで、暴風域を伴っています。 このあとは、台風12号は次第に西寄りに舵を切り、28日(土)午後3時頃から午後9時頃に伊豆諸島に最も接近する見込みです。そのまま西寄りに進み、強い勢力を維持したまま、28日(土)21時頃から29日(日)午前3時頃には、東海地方に上陸する可能性が高くなっています。 今回の台風は、比較的コンパクトながらも強い勢力を維持している事が特徴です。このため、台風が接近すると急激に雨や風が強まるため、早め早めの対策が必要です。 特急電車並みの風、車の運転は危険レベルの雨に厳重な警戒 台風の接近に伴い、東日本や西日本の広い範囲で大荒れの天気となる見込みです。台風が近づくにつれ、太平洋側では急激に風が強まり、「特急電車並みの速さ」の猛烈な風が吹く所があるでしょう。海上では猛烈なシケとなる見込みです。また、カミナリを伴なった非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。特に、東日本の太平洋側では、1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が予想され、恐怖を感じるような雨となる所もありそうです。暴風や高波、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒し、高潮にも警戒が必要です。 【29日(日)にかけて予想される最大瞬間風速】 伊豆諸島、東海地方、近畿地方 50メートル 関東地方 45メートル 中国地方、四国地方 35メートル 北陸地方、九州北部地方 30メートル 【29日(日)にかけて予想される波の高さ】 関東地方、伊豆諸島、東海地方 10メートル 東北地方 7メートル 近畿地方 6メートル 中国地方、四国地方、九州北部地方 5メートル 【29日(日)12時までの24時間に予想される雨量 ※いずれも多い所】 関東甲信地方、東海地方 400ミリ 伊豆諸島、四国地方 300ミリ 近畿地方、中国地方 200ミリ 東北地方、北陸地方 150ミリ 今後の最新の台風情報を確認するとともに、地元の自治体が発表する防災情報にも注意が必要です。また、避難勧告等が発表された際には、早め早めの避難をお願いします。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック