週間 酷暑続くも・・・今後台風の卵に注目 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間 酷暑続くも・・・今後台風の卵に注目

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


7月21日~22日の先週末は東海地方などで40度近くまで気温が上がるなど列島は酷暑となりました。この「40度近い酷暑」は少なくとも今週の後半までは続きそうです。しかし、来週になると、酷暑は少しトーンダウンしそうです。また、南の海上では台風の卵があちらこちらにあって、今後は動向に注意が必要です。

あすの天気 昼も夜間も危険な暑さ

あす24日も九州から関東甲信は所々で35度以上の猛暑日になるでしょう。特に京都、名古屋、岐阜は38度まで上がって、内陸では40度近くまで上がる所もありそうです。昼間だけでなく、夜間も危険な暑さなるため熱中症に厳重に警戒してください。北陸も厳しい暑さでしょう。一方、東北から北海道は平年並みの所が多い予想です。天気は九州から関東は晴れるでしょう。午後は、所々でにわか雨や雷雨があるでしょう。東北と北海道は雲が多く、朝までは雨の所もありそうです。沖縄は夏空が続くでしょう。

あさって以降の天気 猛暑続くも来週は少しトーンダウンか

25日(水)の今週後半も近畿を中心に37度前後の暑さが続きそうです。来週になると、暑さは少しトーンダウン。35度以上の猛暑になる所は、これまでと比べると少なくなりそうです。それでも、最高気温が30度以上の厳しい暑さが続きそうですので、これまで通り、熱中症への注意が必要です。一方、東北から北海道は、30度を超える日が多く、本格的に暑くなりそうです。

台風の卵に注意

現在、台風10号は中国大陸にあって、日本からは遠ざかっていくため、日本への影響はほぼありません。一方、熱帯低気圧が現在、石垣島の西の海上にあって、先島諸島は強風と高波に注意が必要です。夏休みに入っています。海のレジャーはしばらく控えたほうがよさそうです。その後、南の海上では台風の卵があちらこちらでまとまりだしています。そのうちの一つが今後、北上して日本へ近づいてくる可能性もあるため、今後の動向に注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい