九州 さらに猛烈な暑さに 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 さらに猛烈な暑さに

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


九州は連日、たいへん厳しい暑さとなっていますが、あす(19日)以降はフェーン現象の影響も加わり、九州の北西部を中心にこれまで以上の猛烈な暑さとなる恐れがあります。熱中症に対して、いっそうの警戒が必要です。

あす(19日)からフェーン現象の影響加わる

九州は、きょう(18日)も大分県日田市で37.2度と体温を超える暑さとなるなど、内陸部を中心に気温が非常に高い日が続いています。
あす(19日)には、沖縄の南で台風が発生し、その外側をまわる南東の風が九州の太平洋側に吹きつけるようになる見込みです。この湿った風が九州山地を越えることによりフェーン現象が起こることが予想されます。フェーン現象の影響が加わることにより、今週後半は、風下側に当たる九州の北西部を中心に気温が大きく上昇する恐れがあります。

最高気温37~38度 熱中症に警戒!

あす(19日)は、福岡県久留米市や佐賀市、熊本市、大分県日田市などで、最高気温が37~38度に達する見込みです。これらの地域はこれまでも非常に厳しい暑さが続いていますが、あす以降はさらに気温が上がりやすくなり、猛烈な暑さとなる恐れがあります。高温の中での運動は控えるなど、熱中症に対していっそうの警戒が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい