6月なのに熱帯夜 真夏のような寝苦しさも 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

6月なのに熱帯夜 真夏のような寝苦しさも

tenki.jp
メイン画像

メイン画像


暑いのは昼間だけではありません。今夜(26日)からは寝苦しさがアップ。大阪や福岡では今年初めて熱帯夜となるかもしれません。夜間も熱中症に注意が必要です。

火曜は朝からムシムシ

きのう25日(月)は全国で今年初めて猛暑日となった所があり、きょう26日(火)も日本海側を中心に35度に迫る暑さとなっている所があります。でも、暑いのは昼間だけではありません。関東から九州では、きょう明け方に気温があまり下がらず、朝の最低気温は多くの地点で今年一番高くなりました。東京都心は22度3分と7月中旬並み、大阪は22度8分、福岡は22度9分で、この時期としてはやや高めでした。

水曜は寝苦しさアップ

今夜はさらに高温多湿の空気が流れ込んでくるため、気温の下がり方は鈍く、湿気もたっぷり。あす27日(水)の最低気温は、けさより2度から3度くらい高くなる所が多く、関東から九州では24度前後の予想です。都心は23度と、寝苦しさがアップ。大阪や福岡は25度を下回らず、今年初めて熱帯夜となるかもしれません。真夏を思わせるような寝苦しさとなる所もありそうです。南よりの風が強めに吹くため、室内では窓を開けるなど、できるだけ風通しをよくしましょう。窓を閉めてお休みになる場合は冷房をつける、除湿するなど、気温や湿度を上手に調節してください。

週末にかけて寝苦しさ続く

寝苦しさは一日や二日では和らぎません。28日(木)はさらに寝苦しくなる所もあり、週末にかけても最低気温は平年より高い状態が続くでしょう。この時期としては何度もないような高さとなる所もありそうです。日中の蒸し暑さと夜間の寝苦しさが長く続いて、体にかなりこたえそうです。体調と相談しながら無理のないよう、お過ごしください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい