北海道 あすは大雨に警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 あすは大雨に警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


あす(27日)の北海道付近には、前線を伴った低気圧が発達しながら近づきます。札幌や函館、室蘭など道央や道南方面では局地的に雷を伴い激しい雨の降り方となる恐れがあるため注意、警戒が必要です。

昼前後には広く雨に

あす(27日)の未明には江差や函館など道南から雨が降り出し、昼前後にかけて札幌や旭川、帯広など、その他の地域も広く雨となります。大気の状態が不安定となるため、雷を伴い局地的に1時間に30ミリと激しい雨となる恐れがあります。あさって(28日)の明け方までの24時間に降る雨の量は、多い所で100ミリから150ミリに達するでしょう。渡島や檜山地方では、あすの朝から昼過ぎにかけて大雨による低い土地の浸水に警戒するとともに、その他の地域も土砂災害や河川の増水などに注意が必要です。

すっきりしない天気 あさって以降も

あさって(28日)以降も、北海道付近には南から湿った空気が流れ込みやすいため、曇りや雨とすっきりしない天気の日が多くなります。あさって以降の雨は、あすのように大雨となることはなさそうですが、買い物など外での用事は空模様と相談しながら、という日が続きます。また湿った空気と共に暖かい空気が流れ込んできて、道内は平年より高めの気温となるでしょう。ムシムシとした北海道らしくない暑さとなるため、熱中症など体調管理に注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい