今週の天気 太平洋側も晴れは少ない 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今週の天気 太平洋側も晴れは少ない

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

19日(月)から20日(火)は本州の南を低気圧が東へ進むため、九州から関東の太平洋側を中心に広く雨や雪。この先は太平洋側も雲の広がる日が多く、スッキリと晴れる日は少ないでしょう。

週明けは広く雨や雪

19日(月)は東シナ海に延びる前線上に低気圧が発生し、夜には九州南部に近づく見込みです。九州は日中は広く雨が降り、夜は雨や風が強まるでしょう。四国、中国地方、近畿も雲に覆われて午後は雨が降る見込みです。また、九州から近畿にかけて内陸は雪となりそうです。東海、関東甲信は天気は下り坂へ向かいます。晴れから曇り空に変わるでしょう。北陸は雲が多でしょう。東北、北海道は日本海側を中心に雪が降りやすいく、太平洋側は晴れ間がありそうです。
20日(火)は前線を伴った低気圧は本州の南を東へ進む見込みです。九州、四国、中国地方、近畿は、日中は一旦雨の止む所もありますが、太平洋側では雨雲がかかりやすいでしょう。東海や関東甲信は、朝方は沿岸部を中心に雨や雪が降る見込みです。降る時間は短く、日中は晴れ間がのぞきそうです。北陸は雲が多いでしょう。東北、北海道は、日本海側を中心に雪が降りやすい状態が続きそうです。

スッキリ晴れるのはいつ?

21日(水)頃は低気圧は日本の東へ離れ、日本付近は冬型の気圧配置となるでしょう。これまで冬型の気圧配置で太平洋側は乾燥した晴れの日が続くことがよくありましたが、この先は冬型の気圧配置になっても一時的です。南から湿った空気が流れ込んだり、本州の南に局地的な前線が発生したりすることが多くなるでしょう。このため、太平洋側も雲の広がる日が多くなりそうです。九州から関東でスッキリ晴れるのは21日(水)頃と24日(土)頃の見込みです。
北陸から北海道は日本海側を中心に、この先も雪の降る日が多いでしょう。23日(金)から24日(土)頃は寒冷前線の通過で、太平洋側でも雪の降る所がありそうです。

花粉の飛散は?

晴れた日に洗濯や布団を外へ干したいところですが、九州から関東では花粉シーズンが始まっています。21日(水)以降、九州や四国ではやや多く飛ぶ予想です。中国地方から関東は少ないと予想している所が多いですが、場所によってはやや多く飛ぶ日がありそうです。洗濯物を取り入れるときはよく叩くなど、花粉をなるべく部屋へ取り込まない工夫をしましょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい