三連休 気温差 天気の変化に要注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

三連休 気温差 天気の変化に要注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

9日(金)は晴れる所が多いでしょう。三連休は前半と後半では気温と天気の変化が大きくなりそう。前半は気温が高めで全国的に雨ですが、後半は再び強い寒気が南下して日本海側を中心に雪となるでしょう。三連休は、お出かけ先の天気と気温の変化をあらかじめチェックして。

9日は束の間の晴れ 除雪のチャンス

【9日(金)】日本付近は移動性の高気圧に覆われるでしょう。日本海側の雪もいったんひと段落。積雪の多い所では雪かきや雪おろしなど、除雪作業に精を出せそうです。ただ、除雪中に思わぬ事故にならないためにも、作業を行う際は、家族や近所の人たちに声を掛けて、必ず2人以上で行いましょう。8日(木)よりも日中の気温が高くなる所が多いため、屋根に積もった雪がゆるんできます。屋根からの落雪やなだれにも注意が必要です。
一方、太平洋側は乾燥した晴天となる所が多いでしょう。日差しはたっぷりですが、関東や東海、近畿でも最高気温は10度以下の所が多いでしょう。低温と乾燥でインフルエンザなどがさらに広まりやすくなりますので、体調管理にはご注意ください。

三連休前半 融雪注意

【10日(土)】西から次第に天気が崩れるでしょう。午前中は九州、四国、中国地方が中心、午後にかけて近畿や東海、関東に広がっていきます。全国的に気温が高めですので、これまで雪が降っていた所も「雨」となる所が多いでしょう。積雪が140センチを超える豪雪となった福井市など北陸でも10日は広く雨。局地的に雨脚が強まることもありそうです。積雪の多い所では、これまでに降り積もった大量の雪が融けて道路の冠水や河川の増水を引き起こすおそれがあります。なだれにも十分な注意が必要です。太平洋側では乾燥した空気を潤す雨だけにとどまらないでしょう。太平洋沿岸部を中心に風、雨ともに強まり、この時期としては雨量が多くなる所もありそうです。最高気温は関東から西でもようやく10度を超える所が多くなりそうです。

連休後半は再び雪

【11日(日)】日本付近を進む2つの低気圧がオホーツク海でひとつになって発達。強い冬型の気圧配置になり、いったん弱まっていた寒気が再び南下するでしょう。関東や東北では朝にかけて雨や雪が降る見込みです。関東では天気が回復して晴れてきますが、今度は次第に日本海側を中心に雪が降る見込みです。最高気温は10日(土)よりも低くなる所が多いでしょう。
【12日(月)】日本海側を中心に雪となりますが、東北や近畿や四国、九州などの太平洋側にも雪雲が流れ込むでしょう。降雪が強まる所もありそうです。雪が融けていったん積雪が少なくなった所も再び雪の量が増えるおそれがあります。最高気温は11日(日)よりもぐんと低くなる所が多いでしょう。北陸や中国、九州などでは一気に5度以下まで下がる所がありそうです。
連休のお出かけの際は、全国的に傘が必須となりそうですが、特に車でお出かけの方は要注意です。連休中に「雨から雪」に変わる所もあるため、思わぬ「雪」に遭遇しないためにも冬タイヤやチェーンなどの装備もお忘れなく。また連休前半には最高気温が10度以上まで上がる所も、最終日には5度以下になるなど、気温のアップダウンが大きくなる所があります。お出かけ先の天気や気温の変化をあらかじめチェックしておいたほうが良いでしょう。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧



関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい