寒波の影響 長引く 木曜日まで 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

寒波の影響 長引く 木曜日まで

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

寒波の影響が長引きます。あす水曜日も全国的に真冬並みの寒さで、日本海側は大雪や猛吹雪に警戒。木曜日は、風は収まってきますが、雪と厳しい寒さは続きます。

北日本を中心に冬の嵐

寒波が襲来し、きょうは全国的に真冬のような寒さ。日本海側は広く雪が降り、特に東北から北陸周辺で降り方が強まっています。福島県の会津若松市では、きのうは積雪がありませんでしたが、きょうになって一気に雪が積もって、午後4時現在の積雪は50センチ。また、富山市や、兵庫県豊岡市など、まだあまり雪に慣れていない北陸から近畿北部の平地も雪が積もっています。風も強く、秋田県の八峰町八森で28.2m/sの最大瞬間風速を観測するなど、立っているのも大変なほどの暴風が吹き荒れている所もあります。
この大荒れの天気は、あす水曜日も続きます。北海道や東北、北陸から山陰にかけて、さらなる大雪や、猛吹雪、吹き溜まりによる交通障害に警戒が必要です。車が立ち往生することも考えられます。もしもの時のために、車の中に、暖をとるものやスコップなどを積んておくと安心です。また、雪かきや雪下ろしの作業中のケガや事故に、くれぐれもお気を付けください。
日差しのある太平洋側の地域も、季節風が強く、寒さが厳しいでしょう。

寒波の影響 木曜日も

大荒れのピークは過ぎますが、木曜日も日本海側では午前を中心に広く雪が降るでしょう。全国的に平年より気温の低い状態も続きます。関東から西の太平洋側も10度に届かない所が多いでしょう。
なお、金曜日には冬型の気圧配置は緩みます。日本海側の雪も止んで、晴れる所が多くなるでしょう。気温は平年並みか高くなります。厳しい寒さから解放されて、ホッとできそうです。
土曜日は全国的に雨。この雨のあと、次の冬将軍がやってきますが、今回のような長居はしない見込みです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい