1か月予報 この先の寒さはどうなる? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

1か月予報 この先の寒さはどうなる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

この先1か月の気温は、北日本では平年より低い日が多く、冬の訪れは早いでしょう。東日本と西日本は11月に入ると平年並みの日が多くなりそうです。行楽日和も期待できるでしょう。この先1か月の気になる天気を、最新の資料をもとにまとめました。

★北日本

【北日本の日本海側】
気圧の谷や寒気の影響を受けやすいでしょう。曇りや雨、または雪の日が多くなりそうです。特に2週目(11月4日~10日)は平年よりも曇りや雨、または雪の日が多いでしょう。
【北日本の太平洋側】
1週目(10月28日~11月3日)と3~4週目(11月11日~11月24日)は平年と同じく晴れる日が多いでしょう。秋晴れの下で外でのレジャーも楽しめそうです。2週目(11月4日~10日)は気圧の谷や寒気の影響を受けやすく、平年よりも晴れの日が少なくなるでしょう。気温は平年より低い日もありそうです。最高気温が10度を下回り、冬物のコートの出番の日も多くなるでしょう。早め早めに冬の支度をして、暖かくしてお過ごしください。

★東日本

【東日本の日本海側】
移動性高気圧に覆われやすいでしょう。平年ですと曇りや雨の日が多くなりますが、1週目(10月28日~11月3日)は平年よりも曇りや雨の日が少ない見込みです。晴れ間も期待できるでしょう。ただ、気温は平年より低い日もありそうです。2週目以降は、気圧の谷や寒気の影響を受けやすく、曇りや雨の日が多いですが、気温はほぼ平年並みになりそうです。
【東日本の太平洋側】
移動性高気圧に覆われやすく、晴れの日が多くなりそうです。気温は1週目は平年並みか低い予想ですが、2週目以降(11月4日~)は平年並みの気温で、この時期らしく過ごしやすい日が多いでしょう。前線や台風の影響でぐずついた天気が多かった10月でしたが、11月は行楽日和となる日が多くなりそうです。11月になると平地でも紅葉を楽しめるでしょう。

★西日本・沖縄・奄美

【西日本】
移動性高気圧に覆われやすく、平年よりも晴れる日が多いでしょう。特に日本海側では1か月の日照時間が平年より多い予想です。気温は平年並みの日が多くなりそうです。朝晩の冷え込みも強まり、紅葉も順調に進むでしょう。
【沖縄・奄美】
暖かい空気に覆われやすいでしょう。ただ、天気は平年と同じく曇りや雨のすっきりしない日が多くなるでしょう。降水量は平年並みか多い見込みです。気温は平年並みか高い予想ですので、まだまだ夏日になり、暑くなる日も多くなりそうです。

北日本=北海道、東北
東日本=関東甲信、東海、北陸
西日本=近畿、中国、四国、九州(奄美を除く)


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい