前線停滞 冷たい雨 傘と上着手放せず 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

前線停滞 冷たい雨 傘と上着手放せず

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp

14日と15日は本州の南海上に秋雨前線が停滞するでしょう。九州から関東の広い範囲で雨や曇りの天気となる見込みです。北陸や東北、北海道は晴れ間もありますが、夜は雨の所が多いでしょう。

土日は広く雨

きょう14日からあす15日にかけて秋雨前線が本州の南海上に停滞するでしょう。九州と中国、四国では14日の昼過ぎから次第に雨が降り、あす15日も雨が降り続く見込みです。近畿では昼過ぎから次第に雨が降り、あす15日も曇りや雨が続くでしょう。東海もあす15日の昼頃まで雨が降る見込みです。雨脚の強まる所もありそうです。関東では午後は一旦やむ時間もありますが、再び降りだすでしょう。お出かけの際、雨が降っていなくても、傘をお持ち下さい。あす15日も雨や曇りの天気となるでしょう。北陸と東北、北海道はきょう14日は日中は晴れ間の出る所がありますが、夜を中心に所々で雨。北海道では夕方から雷が鳴る所もあるでしょう。あす15日は北陸は雲が多く、雨が降る時間があるでしょう。東北と北海道は次第に天気が回復して晴れる所もあるでしょう。
また12日に発生した台風20号は、南シナ海を発達しながら西南西へ進んでいます。日本への直接的な影響はない見込みですが、台風付近から暖かく湿った空気が南西諸島に流れ込んでいます。きょう14日からあす15日にかけて南西諸島では雨が降る所があるでしょう。またあす15日にかけてうねりを伴った高波にご注意ください。

この先も空気ひんやり 上着と傘が必須

週明け16日からも秋雨前線が本州の南に停滞するでしょう。来週の中頃には低気圧も発生し、九州から本州の太平洋側を東に進む見込みです。北海道や東北は高気圧に覆われて晴れる日もありますが、気圧の谷や寒気の影響を受けて曇りや雨の日が多い見込みです。関東から九州にかけては、前線や湿った空気の影響で来週いっぱいは曇りや雨の日が続くでしょう。気温の低い状態は20日頃まで続く見込みです。冷たい雨が降り、日中の気温もほとんど上がらないでしょう。横ばいか、朝晩よりも日中の気温が低い日もありそうです。上着や傘が手放せない毎日になるでしょう。体調を崩さないように、暖かくしてお過ごしください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい