北海道 天気の急変に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北海道 天気の急変に注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
今日(9日)昼前の大通り公園 撮影:日本気象協会北海道支社 杉山友衣可

今日(9日)昼前の大通り公園 撮影:日本気象協会北海道支社 杉山友衣可

現在、北海道付近を前線が通過しており、大気の状態が非常に不安定となっています。北部や南西部は広く雨が降り、札幌中心部も今日(9日)朝には青空が広がってきましたが、明け方は雨が降りました。道内は明日(10日)にかけて、天気の急な変化に注意が必要です。

週末の天気

今日(9日)これからは、オホーツク海側や内陸を中心に雨の降る時間があるでしょう。峠や山間部を中心に雷を伴って、1時間に30ミリ以上と激しく降ることもあります。また、竜巻などの激しい突風が発生する恐れもあります。急に黒い雲が近づいてきてあたりが暗くなったり、冷たい風が吹いてきたときは天気が急変するサインです。建物内に入るようにして下さい。
明日(10日)は、朝までは太平洋側を中心に雨が降りやすく、渡島や日高地方など沿岸では短い時間に強く降る所があるでしょう。日中は晴れ間の出る所が多く、秋のイベントなどを楽しむにも良い日和となりそうです。ただ、明日にかけて、大気の不安な状態が続くため、竜巻などの激しい突風や落雷などには引き続き注意してください。

週明けは長袖が活躍

最高気温は月曜日にかけて、広く平年並みの22度前後で、帯広など内陸では夏日となる所もある見込みです。ただ、火曜日以降は冷たい空気に入れかわり、全般に20度くらいまでしか上がりません。週明けは長袖の活躍する日が多くなりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい