関東は天気下り坂 残暑はどうなる?

tenki.jp
週明けの関東は、暑さは収まるものの、雨具の出番が多くなりそう。次の晴天はいつ?今後の残暑は?

晴天は週末までお預け

9月最初の土日は、晴れてカラッとした空気に包まれた関東ですが、週明けは気圧の谷や低気圧の影響を受けて、すっきりしない日が多くなりそうです。
4日(月)は北部を中心に晴れ間もありますが、雲が広がりやすいでしょう。沿岸部を中心に弱い雨が降ることもありそうです。お出かけには、念のため折り畳みの傘があると安心です。5日(火)になると、北部の日差しも少なくなり、広く雲に覆われる見込みです。6日(水)から8日(金)にかけては、低気圧や前線が西から近づき、本州付近を東へ進むでしょう。このため、関東は雨が降りやすい見込みです。特に7日(木)から8日(金)にかけては、前線が通過するタイミングで、雨脚の強まる所もありそうです。9日(土)から10日(日)にかけては、本州付近は西から高気圧に覆われて、日差しが戻るでしょう。次の週末も、秋のレジャーには最適となりそうです。

残暑はどうなる?

日中の最高気温は、おおむね平年並みで、28度前後の日が多くなりそうです。6日(水)は平年よりやや低くなりますが、7日(木)は、30度前後まで上がる見込みで、湿度が高いためムシムシと感じるかもしれません。ただ、厳しい残暑が戻るようなことはなく、少しずつ秋の景色が目につくようになりそうです。次の週末は、ふたたび空気のカラッとした暑さになりますので、小さな秋を探しにお出かけになるのも良さそうですね。ただ、朝晩は空気がヒンヤリとしますので、油断せず、体調管理にお気をつけ下さい。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック