奄美で大雨続く 8月の2倍近い雨も

tenki.jp
奄美地方では台風5号の活発な雨雲がかかり続け、大雨が続いています。奄美大島の古仁屋では、5日午後0時40分までの24時間雨量が400ミリを超え、8月の2倍近くの雨が降っています。奄美地方では台風5号の活発な雨雲がかかり続け、大雨が続いています。奄美大島の古仁屋(こにや)では、5日午後0時40分までの24時間に420.5ミリの雨が降りました。 台風5号は強い勢力を保ったまま、屋久島の南をゆっくりと北西に進んでいます。動きがかなり遅いため、大雨や暴風、高波など荒れた天気が長引いています。奄美大島の古仁屋(こにや)では、5日午後0時40分までの24時間に420.5ミリを観測。8月の平均雨量220.9ミリの2倍近くの雨が24時間のうちに降りました。 午後0時40分現在、奄美市、十島村、屋久島町、大和村、瀬戸内町、龍郷町には土砂災害警戒情報が発表されています。大雨による土砂災害などに厳重な警戒が必要です。 台風の動きが遅いため、このあとも奄美地方や九州地方では大荒れの天気が長引くおそれがあります。最新の台風情報や自治体の情報を確認して、早めに避難をするなど身の安全を確保して下さい。
この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック