九州雨量増加 来月梅雨前線日本海へ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州雨量増加 来月梅雨前線日本海へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
26日午前9時の予想天気図

26日午前9時の予想天気図

週間天気図

週間天気図

25日(日)は、梅雨前線の影響で、九州や四国の沿岸部、紀伊半島の一部の主に西日本の太平洋側で大雨になりました。同日未明には、和歌山県で記録的短時間大雨情報の発表、九州(熊本県や宮崎県中心)では、非常に激しい雨が降りました。梅雨前線は、26日(月)にかけて少し陸地から離れますが、九州南部では雨が断続的に降り、雨量がさらに増えるでしょう。引き続き、土砂災害に警戒が必要です。

九州南部 土砂災害警戒

25日(日)は、梅雨前線の影響で、九州や四国の沿岸部、紀伊半島の一部の主に西日本の太平洋側で大雨になりました。同日未明には、和歌山県で記録的短時間大雨情報の発表、九州(熊本県や宮崎県中心)では、未明から朝にかけて非常に激しい雨が降りました。昼前にも発達した雲が四国や紀伊半島にかかって、1時間50ミリ以上の非常に激しい雨の降った所がありました。梅雨前線は、26日(月)にかけて少し陸地から離れますが、九州南部では断続的に活発な雲がかかり、激しい雨の降る所があるでしょう。雨量がさらに増えそうです。26日(月)の午後6時までの24時間に、九州南部では多い所でさらに200ミリの雨を予想しています。これまでの大雨で地盤が緩んでいますので、引き続き、土砂災害に警戒が必要です。危険な斜面や、また、増水した川には近づかないようにしましょう。九州北部も雨が降りやすいでしょう。中国、四国から近畿、東海、北陸、関東は雲の多い天気で所々で(シトシト)雨になりますが、強く、激しく、非常に激しく降ることはない見込みです。一方、東北や北海道は雲が多く、昼前にかけて雨の降る所がありますが、日中は晴れ間がでるでしょう。

梅雨前線 来月日本海へ

梅雨前線は、28日(水)にかけて陸地から離れた所に停滞するでしょう。29日(木)からは、太平洋高気圧の北への張り出しが強まり、前線は西から徐々に北上。来月1日(土)からは日本海に延びる予想となっています(日本海側でも雨の降り方を気にかけなければならない)。西日本を中心に太平洋高気圧のエリアに入るでしょう。週間予報ではあまりスカッとしない空模様となっていますが、日差しがそれほどなくても、30度を超えるような暖かい空気がグッと流れ込みそうです。西日本を中心に東海や北陸、関東、東北南部にかけて30度以上の真夏日になる所が多くなり(35度以上の猛暑日、或いは、猛暑日に迫る所も)、暑くなるでしょう。月末月初(30日(金)から1日(土))は、30度以上の地点数が今年最多(これまでは5月30日の277地点)を更新しそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい