東北で暴風 仙台で瞬間30メートル

tenki.jp
真木予報士撮影(気象協会東北支局 午後2時50分頃)
拡大写真

真木予報士撮影(気象協会東北支局 午...

きょう(19日)は、低気圧が接近中の東北地方で暴風が吹き荒れています。仙台市では午後2時前に最大瞬間風速30.4メートルを観測しました。東北地方では南部を中心に、風に向かって歩けないくらいの暴風が吹き荒れています。最大瞬間風速は山形県小国町で33.2メートル(午後2時頃)、仙台市で最大瞬間風速30.4メートル(午後2時前)、秋田市で27.2メートル(午後1時過ぎ)の風が観測されました。
下の写真は仙台市にある日本気象協会東北支局の外で撮影したもので、強い風で自転車が倒されている様子が分かります。
東北地方では午後3時現在も、広い範囲に暴風警報が出ています。今夜いっぱい警戒してください。
この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック